美白化粧品のランキングを紹介。その他、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの成分別、40代、50代などの年代別、プチプラ、市販などを紹介。化粧品以外の美白になる方法なども解説します。
色々と話題の美白化粧品。美白化粧品といっても化粧水、美容液、クリームなど様々です。このサイトでは美白化粧品でもトライアルセットを中心に、実際に試して体験したものを紹介します。

美白化粧品選びのポイント



シミやソバカスなどの色素沈着はメラニンの過剰生成が原因です。美白化粧品はメラニンの過剰生成による色素沈着を抑える事を目的として化粧品です。美白化粧品の働きは主に4つあります。

●メラニンの生成を抑え、色素沈着ができるのを防ぐ作用
●黒いメラニンを還元し、シミを薄くする作用
●新陳代謝を促し、メラニンを排出する作用
●情報伝達物質を阻害してシミを予防する作用

美白化粧品選びのポイントになるのが美白成分です。その他、シミ予防をサポートする保湿成分や続けやすさなどもポイントになります。

メラニンの生成を抑える美白成分



シミの元になるメラニンは、メラノサイトが作り出すチロシナーゼ酵素が原因です。チロシナーゼ酵素がチロシンと呼ばれるアミノ酸の酸化させ、メラニンを作り出します。美白化粧品に含まれる美白有効成分の多くは、チロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があります。

●ビタミンC誘導体
⇒美白成分で最も有名なのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体にはチロシナーゼ酵素を阻害する作用や酸化を抑える作用があります。その他、コラーゲン合成や皮脂を抑える作用などもあります。

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性などがあります。化粧水には水溶性が使われ、クリームには有用性が使われています。最近では水溶性と油溶性の両方の特徴を持った新型ビタミンC誘導体(APPS)なども開発されています。

●アルブチン
⇒コケモモなどの植物から抽出された成分。ハイドロキノンとブドウ糖から合成されたハイドロキノン誘導体です。チロシナーゼ酵素に加え、関連タンパク質「TRP-1」の働きを阻害します。

●コウジ酸
⇒味噌、酒、醤油に作られるコウジに含まれる麹菌由来の成分。メラニンの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。さらに、黄ぐすみの原因となる糖化物質を抑える働きもあります。

●エラグ酸
⇒イチゴやザクロなどの果実、ナッツなどに含まれるポリフェノール成分。チロシナーゼ酵素の銅成分を抑える作用や抗酸化作用で美白をサポート。

●マグノリグナン
⇒モクレン科植物ホオノキの樹皮に含まれたポリフェノール成分。チロシナーゼ酵素を阻害する働きに加え、チロシナーゼ酵素がメラノソームに移行する量を減らす作用があります。

●ルシノール
⇒モミの木から抽出される成分。チロシナーゼ酵素がチロシンと反応するのを阻害し、メラニン発生を抑えます。抗酸化作用にも優れ、過酸化脂質の発生を抑える作用もあります。

シミ(色素沈着)を還元する成分



メラニンは酸化という化学反応によって黒色に着色され、シミになります。しかし、還元と呼ばれる逆の働きでメラニンは薄くなります。

●ハイドロキノン
ハイドロキノンには強い還元作用があり、メラニンを淡色化する作用があります。2001年から化粧品への配合が可能になり、多くの美白化粧品は2%程度の濃度で配合されています。

濃度が高いほど美白作用は強くなりますが、皮膚への刺激も強くなり、赤みやかぶれなどが発生しやすくなります。特に紫外線を浴びると肌へのダメージが大きくなるため、夜のみ使用するのが一般的です。

●ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体にも還元作用があり、シミの淡色化をサポートします。ただ、ハイドロキノンに比べると美白作用は強くありません。

メラニンの排出作用がある美白成分



メラニンが過剰に生成されると色素沈着が発生しやすくなります。肌代謝機能が落ちると、ターンオーバーが低下してシミが発生するのです。代謝を促進する美白成分について紹介します。

●プラセンタエキス
豚や馬の胎盤から抽出された成分。アミノ酸、ペプチド、核酸などの成分が代謝を促進し、ターンオーバーの促進をサポートします。

●4MSK
サリチル酸誘導体と呼ばれ、角質溶解作用があります。代謝を促進することでメラニンの排出を促進します。

●リノール酸S
紅花油を酵素処理して精製された美白成分。リノール酸Sには表皮のターンオーバーを促進する働きがあり、メラニン排出をサポート。また、チロシナーゼ酵素を分解する作用もあります。

●エナジーシグナルAMP
アデノシン一リン酸と呼ばれる成分。表皮のターンオーバーを促進し、シミの排出をサポートします。

情報伝達物質を阻害する美白成分



情報伝達物質はメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生み出す引き金になります。紫外線によって発生するエンドセリン、プロスタグランジン、MSH(メラノサイト刺激ホルモン)などがあります。

●カモミラET
カモミールから抽出された成分。伝達物質「エンドセリン」を抑制し、メラノサイトへの刺激も抑えます。

●トラネキサム酸
女性ホルモンやストレスなどの影響で発生するプラスミン、プロスタグランジンなどの伝達物質を抑える。肝斑対策に使用されています。

市販、通販の美白化粧品ランキング



美白化粧品を選ぶ際には、どのような成分が配合されているかを確認することが大切です。

美白化粧品にはメラニンの生成を抑える働き、黒いメラニンを還元する働き、代謝を促進してシミを排出する働きなどがあります。

紫外線などによって発生する活性酸素を阻害する成分、バリア機能、保湿をサポートする成分、炎症を抑える成分などもあります。ここでは、美白成分や使用感などでおすすめできる美白化粧品を紹介します。

1位 ビーグレン

ビーグレン ホワイトケア

Point<1>ハイドロキノンが出来たシミにアプローチ
ビーグレンのホワイトクリームには濃度1.9%のハイドロキノンを配合。出来てしまったシミにアプローチし、メラニンを薄くする作用があります。また、シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用も優れています。カプセル化することで、肌への刺激も抑制。

Point<2>高濃度ビタミンCでエイジングケア
ビーグレンのCセラムには高濃度7.5%のピュアビタミンCを配合。ビーグレン独自の浸透技術によってしtぅかりと滞留します。ビタミンCにはシミの発生を予防する作用をはじめ、コラーゲン合成作用、抗酸化作用、毛穴の引き締め作用などがあります。

Point<3>ターンオーバー促進成分を配合
ビーグレンの化粧水、リッチクリームにはオリゴペプチドが含まれています。ペプチドは細胞を活性化する作用があり、ターンオーバーの正常化をサポート。シミの原因の多くはメラニンの滞留です。ペプチドが細胞を活性化することで、シミの排出を促します。

価格(税込) 1,944円 送料無料
内容量 洗顔料、Cセラム、化粧水、ハイドロキノンクリーム、リッチクリーム
美容成分 ハイドロキノン、ビタミンC、ペプチドなど
その他特徴 独自の浸透技術でハイドロキノン、ビタミンCが浸透


2位 アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト

Point<1>美白成分でシミ対策
美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合。メラニンの生成に欠かせないチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、過剰なメラニン(シミ)の生成を抑制します。

その他、アスタリフトホワイトには「ナノAMA+」や「オリザノール」を配合。メラニンを作り出すメラノサイト自体の働きを弱めたり、シミの元になるメラノソームを分解することでシミの発生を抑えます。

Point<2>ターンオーバー促進成分配合
美白対策では、代謝を促進し、沈着したメラニンを外に排出する必要があります。年齢と共に代謝が落ちるとシミができやすくなります。アスタリフトホワイトには、代謝を促進する海藻エキスや酵母エキス、血流改善作用のあるビタミンEなどを配合し、シミ排出をサポート。

Point<3>セラミド、コラーゲンなど潤い成分も配合
アスタリフトホワイトには潤い成分も豊富。先行美容液には3種類のヒト型セラミドを配合し、バリア機能を改善。その他、潤いを補給するコラーゲン、エイジングケアをサポートするアスタキサンチンなども含まれています。

価格(税込) 1,080円 送料無料
内容量 化粧水、美容液、クリーム、UV下地、先行美容液
美容成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、セラミドなど
その他特徴 美白とエイジングケアをサポート。低刺激にこだわり。


3位 アンプルール

アンプルール

Point<1>ハイドロキノンでシミ改善
アンプルールには2%のハイドロキノンを配合。独自の安定化カプセル化により、肌への浸透をサポート。出来てしまったメラニンへのアプローチや、シミの元になるチロシナーゼ酵素を強力に阻害する働きをします。

Point<2>抗酸化成分でエイジングケア
紫外線を浴びると活性酸素が発生し、シミやシワなどの肌老化を引き起こします。アンプルールには活性酸素を阻害するビタミンC誘導体、レスベラトール、αリポ酸、フェルラ酸などの抗酸化成分を豊富に配合。活性酸素による肌老化の発生を防止します。

Point<3>潤い成分で肌を保湿
アンプルールの化粧水にはバリア機能を改善するヒト型セラミドをはじめ、アミノ酸やコラーゲンなどの保湿成分を豊富に配合。美容液にはホホバオイル、エマルジョンゲルにはシアバター、スクワランなどを配合し、肌水分を保持します。

価格(税込) 1,890円 送料無料
内容量 化粧水、HQ美容液、美容液、エマルジョンゲルなど
美容成分 ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、セラミドなど
その他特徴 美白ケアに加え、保湿やエイジングケアもサポート


4位 サエル

サエル

Point<1>美白成分でシミ改善
サエルには美白有効成分「アルブチン」を配合。アルブチンはシミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。美容液にはトラネキサム酸を配合。シミの原因となる炎症を抑え、メラニンの発生を予防します。

Point<2>セラミドで保湿サポート
ヒト型セラミドはヒトの角質と同じ形をしています。浸透性にすぐれており、角質細胞の間をしっかり埋めることができ、肌水分をしっかり保持。バリア機能を改善する効果もあり、外部刺激による肌荒れなどを防ぎます。

Point<3>活性酸素や炎症を抑制
紫外線やストレスなどによって発生する活性酸素はシミやシワなどの肌老化を引き起こします。サエルには活性酸素を阻害するムラサキシキブエキス、ローズヒップエキスなどを配合。その他、炎症を抑えるグリチルリチン酸2kなども含まれています。

価格(税込) 1,480円 送料無料
内容量 化粧水、美容液、クリーム
美容成分 アルブチン、セラミド、グリチルリチン酸2kなど
その他特徴 低刺激で敏感肌向けの美白化粧品。


5位 米肌美白

米肌美白

Point<1>ビタミンCシミ対策
米肌美白化粧品には有効成分「ビタミンC誘導体」を配合。ビタミンCはシミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。その他、活性酸素を抑える働き、毛穴を引き締める働きなどもあり、美白とエイジングケアをサポートします。

Point<2>代謝を促進してメラニン排出をサポート
シミ対策では、代謝を促進してメラニンを排出することが重要です。米肌美白化粧品には、血流改善作用のあるビタミンE誘導体、代謝を促進するハトムギ発酵液、イネ葉エキスなどが含まれています。ターンオーバーを促進し、シミの排出をサポートします。

Point<3>コメ発酵液でしっかり保湿
米肌には保湿成分もたっぷり。肌の水分保持をサポートするコメ発酵液、米ぬか酵素分解エキス、保水作用のあるグルコシルトレハロース、グリセリンなどを配合。潤いをキープすることで、透明感のある肌作りをサポートします。

価格(税込) 1,500円 送料無料
内容量 石けん、化粧水、美容液、クリーム
美容成分 ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、コメ発酵液など
その他特徴 保湿と美白をサポート。低刺激。


6位 HANAオーガニック

HANAオーガニック

Point<1>ローズの力でシミ対策
HANAオーガニックは水を使わず、ダマスクローズ水を使用しています。ローズにはシミの原因となる活性酸素を阻害する作用、細胞の生まれ変わりを促進する作用があります。さらに、免疫力を立て直すバイオエコリア、炎症を抑えるビルベリー葉エキスなども含まれ、シミの発生を予防します。

Point<2>石油由来を排除しオーガニックにこだわり
HANAオーガニックは石油由来成分を一切使用していません。防腐剤や乳化剤も天然植物エキスにこだわったオーガニック化粧品です。美白に対しての即効性はありませんが、続けるほどに肌の調子を高めます。



価格(税込) 1,480円 送料無料
内容量 洗顔、化粧水、美容液、乳液、UVベース
美容成分 ダマスクローズ、バイオエコリア、ビルベリーエキスなど
その他特徴 オーガニックにこだわり。バラの力でシミ対策。


7位 エクイタンス

エクイタンス

Point<1>リノール酸Sでシミ対策
リノール酸Sは、メラニンを生成するチロシナーゼ酵素の量を減少させる働きがあり、シミの発生を予防します。ナノカプセル化しているので、浸透力と持続力に優れ、美白効果をしっかりと発揮します。

Point<2>炎症を抑えてシミ予防
エクイタンスには炎症を抑えるグリチルリチン酸2kを配合。美容液にはトラネキサム酸も配合し、メラノサイトを刺激する炎症を抑制します。アミノ酸や植物エキスなどの保湿成分も配合し、肌のキメも改善します。

価格(税込) 972円 送料無料
内容量 エッセンス、化粧水、クリーム
美容成分 リノール酸S、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2kなど
その他特徴 カプセル化された美白成分が浸透し、シミ対策


8位 HAKU美白美容液

HAKU

Point<1>美白成分でシミ対策
HAKUには美白成分「トラネキサム酸」「4MSK」を配合しています。トラネキサム酸は炎症などを抑える作用があり、シミの元になるメラニンを抑えます。4MSKにはターンオーバーを促進する作用があり、シミの排出をサポート。

Point<2>シミの悪化も抑制
HAKUにはアンダーシールダーと呼ばれる美容成分を配合。アンダーシールダーには基底層にあるヘパラン硫酸の減少を抑える作用などがあり、シミが悪化するのを予防。また、Vカット複合体は血管からシミが増えるのを抑えます。

価格(税込) 10,800円 送料無料
内容量 45g
美容成分 4MSK、トラネキサム酸など
その他特徴 美白ケアに加え、保湿もしっかり。


9位 トランシーノ美白美容液

トランシーノ美白化粧品

Point<1>トラネキサム酸でシミ予防
トランシーノにはトラネキサム酸を配合しています。炎症を抑える作用があり、シミ予防に優れています。雑誌の潜在シミ減少数テストでも優れた結果が出ています。

Point<2>保湿もたっぷり
トランシーノには保湿成分もたっぷり。桑エキス、セイヨウノコギリソウエキスをはじめ、角質を整えるトレハロース硫酸ナトリウムなどが含まれています。

参考価格(税込) 5,322円
内容量 50g
美容成分 トラネキサム酸、桑エキス、セイヨウノコギリソウエキスなど
その他特徴 潜在シミにアプローチ。保湿もしっかり。


10位 ワンバイコーセー

ワンバイコーセー

Point<1>コウジ酸でシミにアプローチ
浸透性に優れた美白成分「コウジ酸」がメラノサイトまでしっかり浸透。チロシナーゼ酵素を作り出す銅イオンを捕まえ、シミが発生するのを抑制します。

Point<2>保湿、エイジングケア成分も配合
ワンバイコーセーメラノショットは、保湿作用のあるユリエキス、ボタンエキスなどの植物エキスに加え、抗酸化作用のあるビタミンE、メマツヨイグサエキスなどを配合しています。



参考価格(税込) 5,400円
内容量 40ml
美容成分 コウジ酸など
その他特徴 さらっと伸びがいい美容液。美白と保湿をケア。

新安定型ハイドロキノン配合


ハイドロキノンで今あるシミにアプローチ
アルブチン、ビタミンCでシミ予防
お試しのトライアルでお得!

新安定型ハイドロキノンを配合したスポット美容液が出来てしまったシミにアプローチします。独自のカプセル化技術で角質層にシッカリ浸透し、シミやチロシナーゼ酵素に働きかけます。

化粧水には独自のカプセル「AOカプセル」を配合。酸化を抑制する美容成分を配合し、ハイドロキノンの働きをサポート。さらにセラミドやコラーゲンを配合し、外部刺激を抑制します。

美容液には美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合。日中の紫外線によるシミの発生を予防します。他にもセレブロシド、ヒアルロン酸、酵母エキスなどの保湿成分も配合し、フォトニールが紫外線ダメージから肌を守ります。

ハイドロキノンなどの美白成分たっぷりの「アンプルール」

おすすめ美白化粧品を徹底比較

比較 ビーグレン アスタリフトホワイト アンプルール サエル 米肌美白
価格 1,944円
送料無料
1,080円
送料無料
1,890円
送料無料
1,480円
送料無料
1,500円
送料無料
セット内容 洗顔料
化粧水
C美容液
ホワイトクリーム
リッチクリーム
先行美容液
化粧水
美容液
クリーム
集中美容液
化粧水
美容液
乳液ゲル
化粧水
美容液
クリーム
石鹸
化粧水
美容液
クリーム
美白成分 ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
アルブチン
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
アルブチン
ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体
ビタミンE誘導体
美容成分 ペプチド成分
ラフィノース
スクワランなど
アスタキサンチン
コラーゲン
海藻エキスなど
グリチルリチン酸2k
レスベラトロール
αリポ酸など
セラミド
グリチルリチン酸2k
ムラサキシキブエキスなど
米ぬかエキス
ハトムギエキス
イネエキスなど
評価
できたシミにアプローチするハイドロキノン、色素沈着を改善する高濃度ビタミンC、代謝を活性化するペプチドなどを配合。

公式サイトへ

シミの元になるチ酵素を阻害するアルブチン、色素沈着を改善するビタミンC誘導体に加え、抗酸化成分や保湿成分も配合。

公式サイトへ

できたシミにアプローチするハイドロキノン、シミの発生を予防するアルブチンに加え、セラミドや抗酸化成分も配合。

公式サイトへ

シミの発生を予防するビタミンC誘導体、アルブチンを配合。その他、セラミドや抗炎症、抗酸化成分なども配合。

公式サイトへ

シミの発生を予防するビタミンC誘導体、血流改善作用のあるビタミンE誘導体、保湿作用のある米発酵液などを配合。

公式サイトへ


プチプラの美白化粧品ランキング

アクアレーベル
アクアレーベル

資生堂のプチプラ美白
 トラネキサム酸配合でシミ予防
 ヒアルロン酸で潤いを補給


美白有効成分「トラネキサム酸」を配合。シミの元になるメラニンの生成を抑える作用や消炎作用があります。その他、肌に潤いを補給するヒアルロン酸、活性酸素を阻害するユキノシタエキスを配合。べたつきは殆どなく、さっぱりしています。

価格 1,512円
容量 200ml
成分 トラネキサム酸、Wヒアルロン酸、ユキノシタエキスなど
ちふれ
ちふれ 美白

2つの美白成分配合
 アルブチン、ビタミンC配合
 保湿作用のあるヒアルロン酸配合!
 低刺激で肌に優しい!


美白成分にアルブチンとビタミンC誘導体を配合。シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害してシミを予防します。その他、ヒアルロン酸やトレハロースで潤いを補給します。アルコールや香料は無添加なので低刺激。

価格 1,100円
容量 180ml
成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、トレハロースなど
無印 美白化粧品
無印

低刺激の美白化粧品

 ビタミンC誘導体配合!
 保湿成分配合でさっぱり
 低刺激にこだわり!


無印のプチプラ美白化粧品にはビタミンC誘導体を配合。シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。その他にも炎症を抑えるグリチルリチン酸2k、保湿作用のあるヒアルロン酸などを配合。

価格 1,400円
容量 200ml
成分 ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2k、ヒアルロン酸、アンズエキス
ハダラボ 白潤
白潤

シミ予防をサポート

 アルブチンとビタミンC配合
 ヒアルロン酸で潤い補給!


ヒアルロン酸に定評があるハダラボの美白化粧品。シミの発生を予防するアルブチン、ビタミンCを配合。潤いを補給しつつ、シミの発生を抑えます。極潤ほどではありませんが、浸透に少し時間がかかります。

価格 1,296円
容量 170ml
成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸など
なめらか本舗 美白
豆乳イソフラボン

豆乳配合の美白化粧品

 アルブチンでシミ予防
 イソフラボンで美肌サポート!


豆乳発酵液を配合した美白化粧品。美白成分にはシミを予防するアルブチンを配合。イソフラボンを含む豆乳発酵液にもメラニンを抑える作用があり、シミ対策をサポート。化粧水の浸透は少し時間がかかります。

価格 1,080円
容量 200ml
成分 豆乳発酵液、アルブチン、油溶性甘草エキスなど


シミのタイプ 6種類

老人性色素斑を治す方法

老人性色素斑

●原因

女性のシミの多くは老人性色素斑(日光性黒子)です。頬骨あたりに出来やすい楕円状のシミです。茶色で輪郭がはっきりしているのが特徴です。多くの原因は長期の紫外線照射で、40代あたりから増えるシミです。

●対策

老人性色素斑には還元作用のある美白化粧品、ターンオーバーの促進が有効です。美白化粧品は出来始めの老人性色素斑にのみ有効です。濃くなってしまうとレーザー治療や光治療が必要になります。

●効果的な美白成分

①ハイドロキノン
ハイドロキノンには出来てしまったメラニン色素を還元する作用があります。さらに、チロシナーゼ酵素を阻害してシミが出来るのを予防する働きもあります。

②トレチノイン
ビタミンA誘導体の一種で、古い角質を取り除く作用があります。ターンオーバーを改善して、シミを排出する作用に優れています。その他、コラーゲン合成作用などもありあmす。

③ビタミンC、アルブチンなど
ビタミンC誘導体やアルブチンにはチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。紫外線を浴びる事で発生するシミを予防します。


炎症性色素沈着を治す方法

炎症性色素沈着

●原因

ニキビ、かぶれ、傷などによる炎症によってメラノサイトが刺激をうけ、メラニン色素が出来上がります。特にニキビを潰すと出来やすいシミです。

●対策

美白化粧品の使用が有効です。また、ターンオーバーの促進によって色素沈着を排出することもおすすめです。

●おすすめの美白成分

①ビタミンC誘導体
チロシナーゼ酵素を阻害してシミを予防。加えて、色素沈着を還元する作用もあります。

②ハイドロキノン
メラニン色素の淡色化に加え、チロシナーゼ酵素を阻害してシミの発生を予防する作用があります。

③アルブチン
ハイドロキノン誘導体とも呼ばれ、チロシナーゼ酵素を阻害してシミの発生を予防します。

④システイン
代謝を促進する作用のあるアミノ酸。ターンオーバーを改善してシミの排出をサポートします。


肝斑を改善する方法

肝斑

●原因

肝斑は頬、目の下、こめかみの周辺に左右対称にできるシミです。薄茶色に広がり、境界が鮮明なのが特徴です。肝斑の原因は女性ホルモンです。産後、ピル服用後にでやすくなります。

●対策

肝斑の対策には女性ホルモンによって発生する伝達物質を阻害することがポイントです。摩擦などによる炎症、紫外線はシミを悪化させるので注意が必要です。

●おすすめ美白成分

①トラネキサム酸
女性ホルモンによって発生する情報伝達物質を阻害する作用があり、メラニンの発生を抑制します。

②システイン
アミノ酸の一種でチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。さらに、ターンオーバーを促進してシミを排出。

③ビタミンC誘導体
ビタミンCはチロシナーゼ酵素を阻害し、シミの発生を予防。さらに出来てしまったメラニンを還元して薄くする作用もあります。


そばかすを改善する方法

そばかす

●原因

鼻を中心に茶色の点状のシミが発生。5歳頃から思春期に濃くなり、年齢とともに薄くなります。遺伝が原因で、色白の人に多いシミです。紫外線によって濃くなるため、UVケアは欠かせません。

●対策

そばかすにはレーザー治療が有効です。ただ、再発することがよくあります。美白化粧品の効果は低めです。ピーリングによってターンオーバーを促進することも有効です。

●おすすめ美白成分

①ビタミンC誘導体、アルブチン
ビタミンC誘導体、アルブチンは紫外線等によって発生するチロシナーゼ酵素を阻害します。そばかすが濃くなるのを抑制する作用があります。

②システイン
システインには代謝を促進し、ターンオーバーを促進する作用によってシミの排出をサポートします。

③ハイドロキノン
ハイドロキノンはシミの原因となるチロシナーゼ酵素を強力似阻害し、出来てしまったシミにアプローチし薄くする作用があります。


脂漏性角化症



脂漏性角化症は年寄りイボとも呼ばれています。頬骨の高い位置からこめかみ、額あたりにできやすく、体にもできることがあります。80歳以上になるとほぼ全員にみられます。

老人性色素斑から隆起してくることがおおく、治療をする場合は炭酸ガスレーザーや凍結療法が行われます。飲み薬や塗り薬、美白化粧品等では改善しません。

花弁性色素沈着



花弁状色素斑は胸や背中にできる花びら状のシミです。海水浴などで紫外線を繰り返し浴びることによって発生します。

花弁状色素斑の改善にはハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧品が有効です。ただ、美白化粧品での改善には非常に時間がかかります。時間をかけずに治す場合、レーザー治療が有効です。

悩み別の美白化粧品

ビタミンC

シミに有効な美白成分「ビタミンC」の特徴、効果をはじめ、ビタミンCを配合した美白化粧品のおすすめについて。
ビタミンCはコチラ

ハイドロキノン

出来たしまったシミに有効なハイドロキノンの効果をはじめ、ハイドロキノン配合のおすすめ美白化粧品について紹介。
ハイドロキノンはコチラ

乾燥肌美白

皮脂膜やセラミドなど、角質層のバリア機能が乱れている乾燥肌対策や乾燥肌におすすめの美白化粧品を紹介。
乾燥肌にはコチラ

妊娠中美白

ホルモンバランスが変化し、肌が敏感になりやすい妊娠中の美白対策をはじめ、おすすめの美白化粧品について。
妊娠中はコチラ

年代別におすすめの美白化粧品

20代美白

20代女性のシミ美白対策について。ターンオーバーもしっかりしている20代ではニキビ跡や炎症などによるシミがでやすい時期です。
詳しい情報はコチラ

30代美白

30代女性の美白対策。ターンオーバーが少しずつ遅れ始め、30代後半には女性ホルモンも減少し始めます。美白成分、炎症対策がおすすめ。
詳しい情報はコチラ

40代美白

40代女性の美白対策。40代になるとターンオーバーが遅れ、老人性色素斑が増え始めます。紫外線によるメラニン対策は必須です。
詳しい情報はコチラ

50代美白

50代女性の美白対策。女性ホルモンの急激な減少や代謝の低下でシミが増えやすくなります。美白成分とターンオーバー促進が欠かせません。
詳しい情報はコチラ

化粧水

美白、シミ対策におすすめの美白化粧水について。美白成分別におすすめの化粧水をピックアップ。
美白化粧水の詳細

美容液

美白、シミ対策におすすめの美容液について。美白成分別におすすめの美容液をピックアップ。
美白美容液の詳細

美白クリーム

美白、シミ対策におすすめの美白クリームについて。成分別におすすめの美白クリームをピックアップ。
美白クリームの詳細

日焼け止め

シミの原因となる紫外線をブロックする日焼け止めについて。日焼け止めを選ぶポイントなども解説。
日焼け止めについて

アルブチン

美白成分「アルブチン」の特徴、効果。アルブチン配合の美白化粧品もピックアップ。
アルブチンの美白化粧品

コウジ酸

美白成分「コウジ酸」の特徴、効果。コウジ酸配合の美白化粧品もピックアップ。
コウジ酸の美白化粧品

脂性肌

脂性肌の美白対策について紹介。脂性肌におすすの美白化粧品などもピックアップ。
脂性肌に美白

敏感肌美白

敏感肌用の美白について。バリア機能が乱れ、化粧品で肌あれや赤みがでやすい方におすすめの美白化粧品。
敏感肌美白はコチラ



日頃からできる美白ケア

紫外線対策



日頃の美白ケアで最も重要なのが紫外線対策です。紫外線にはUVA、UVBがあります。メラノサイトは紫外線を感知すると、大量にメラニンを作りだします。その結果、色素沈着が残りシミになってしまいます。

紫外線は5月から8月頃まで強くなります。特に午前10時から午後2時頃までは紫外線量が多く、外出時には紫外線対策が欠かせません。日焼け止めの使用をおすすめします。

●日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めはUVBを防止するSPF値、UVAを防止するPA表示があります。SPF表示が大きいほど肌への負担が大きくなります。そのため、敏感肌の人はSPF30程度がおすすめです。紫外線吸収剤も肌に刺激があるため、乾燥肌や敏感肌にはノンケミカルタイプがおすすめ。

●日焼け止めの使い方

1.日焼け止めを手に取り、ムラにならないように伸ばします。

2.日焼けしやすい額や鼻筋、頬骨などは重ね塗りをして、念入りにガードします。

3.顔だけでなく、首筋やデコルテ、首、うなじなどにも塗ります。首は上から下へ、デコルテは中央からサイドになじませます。

4.日焼け止めは2~3時間お気に塗り直します。

美白におすすめの食事



紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素はメラノサイトへの刺激や肌老化の原因となります。そのため、抗酸化作用のある栄養素をしっかり摂る事が大切です。

●ビタミンC
ビタミンCは水溶性で吸収されやすいのが特徴です。抗酸化作用やコラーゲン合成作用、皮脂を抑える働きなどがあります。イチゴやキウイなどのフルーツ、パプリカ、ブロッコリーなどの野菜に含まれています。

●βカロチン
βカロチンは必要に応じてビタミンAに変化します。抗酸化作用に優れ、皮膚の粘膜機能を維持する働きなどがあります。脂溶性のため、食事と摂るのがおすすめです。人参、ほうれん草、小松菜、かぼちゃなどに含まれています。

●ビタミンE
抗酸化作用のある脂溶性ビタミンです。活性酸素を阻害する働き、細胞膜の機能維持作用などがあります。レバー、たまご、植物油、大豆、ゴマなどに含まれています。

●リコピン
リコピンはトマトに含まれるカロチノイドです。強い抗酸化作用があり、紫外線UVA波野ダメージを抑え、肌老化の予防をサポートします。

美白化粧品を使用するポイント



1.美容液が重要 美白化粧品で最も重要なのが美容液です。美白成分が最も多く含まれているのが美容液だからです。化粧水は水分が多く、美容成分は少なめです。ハイドロキノンに関してはクリームタイプもあります。

2.継続して使用する
美白化粧品は継続して使用する必要があります。紫外線は1年中降り注いでいますし、メラノサイトも働いています。例外として高濃度ハイドロキノンクリームは、2ヶ月などの使用期限が決まっています。

3.バリア機能を高める
紫外線は肌のバリア機能を低下させます。バリア機能が乱れると紫外線や外部刺激が入りやすくなり、シミや肌荒れが発生します。バリア機能を高めるにはセラミド、脂肪酸、コレステロールなどの細胞間脂質が欠かせません。

4.角質ケアに注意
メラニンの過剰生成と蓄積によってシミはできます。ターンオーバーを促進することでメラニンを排出することは重要です。ピーリングなどの強い角質ケアを行うと、肌荒れが起こりやすくなります。敏感肌には注意が必要です。


「【2019年】美白化粧品ランキング|プチプラ、市販の売れ筋を徹底解説」について
美白化粧品は数多く販売されていますが、シミ対策はメラニン色素の生成を抑制すること、できたメラニン色素を還元して薄くすることにあります。メラニン色素はチロシンと呼ばれるアミノ酸とチロシナーゼと呼ばれる酵素が合体して形成されます。美白化粧品に含まれる美白成分はチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニン色素の生成を抑制します。美白化粧品で人気なのはビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン、コウジ酸などです。ビタミンC誘導体とハイドロキノンはメラニン抑制とメラニン色素の還元作用があります。ハイドロキノンの美白作用は非常に強いのですが、刺激が強いので、乾燥肌や敏感肌の場合はあまりおすすめできません。低刺激のビタミンC誘導体がおすすめです。ビタミンC誘導体はニキビ跡などの炎症系色素沈着にも有効です。
ビーグレン
ハイドロキノン、高濃度ビタミンC誘導体でシミの原因となるメラニンを徹底抑制。保湿力も抜群のセットです。
アスタリフトホワイト
シミの発生を予防するアルブチン、活性酸素を阻害するアスタキサンチンを配合。美容液には浸透型ビタミンC配合。
サエル
「アルブチン」「トラネキサム酸」などの美白成分を豊富に配合。ヒト型セラミドなども含まれた美白化粧品。