トップページ >  美白基礎知識 >  ターンオーバー

ターンオーバーを促進して美白、シミ対策

シミ、美白対策ではターンオーバーが大切です。ターンオーバーとは表皮の細胞が分裂し、肌表面の押し上げられて剥がれるまでのサイクルを言います。20代では28日、40代では40日前後が一般的です。ターンオーバーは年齢と共に置くなり、古い角質が溜まりやすくなります。その結果、メラニン色素が沈着してシミが出来てしまいます。ターンオーバー促進にはピーリングは非常に有効です。さらに、ここではターンオーバーを促進する生活習慣の改善について紹介します。



●睡眠
ターンオーバーの改善で最も大事ナノが睡眠です。ターンオーバーは表皮の下にある基底層の細胞に栄養と酸素を送る必要があります。栄養と酸素をうけた基底細胞が分裂活動をはじめることで表皮の古い角質は上に押し上げられていきます。人が起きている時間は、血液の多くは脳や臓器に送られます。そして睡眠中は肌や髪の毛のある毛根に送られます。1日に6時間は睡眠を取ることをおすすめします。

●運動、ストレッチ
血流を改善する運動やストレッチはターンオーバーに欠かせません。運動不足は血行不良を引き起こします。加齢と共に落ちる代謝の向上にはジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。週に2~3回、20分程度のウォーキングがおすすめです。その他には肩甲骨や股関節のストレッチも血行促進にはおすすめです。

●食事
食事もターンオーバーには重要です。血管はタンパク質出できています。そのため、お肉や魚を食べることは大事です。ただ脂っこいモノばかり食べると血中コレステロール値があがり、血行は悪くなります。鮭や鶏肉、豚モモなどは良質なタンパク質を補給する事が可能です。また、オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸も重要です。不飽和脂肪酸は血流を改善する作用に優れています。オメガ3の不飽和脂肪酸は青魚、亜麻仁油、なたね油、くるみなどに含まれています。

●抗酸化対策
ターンオーバーでは血流改善が重要です。加齢と共に代謝が低下するだけでなく、血管自体がもろくなってきます。その原因が活性酸素です。活性酸素は酸素や血管にダメージを与えます。活性酸素を阻害する酵素は年齢と共に減少してしまいます。活性酸素対策にはビタミンC、Eをはじめ、鮭などに含まれるアスタキサンチン、トマトに含まれるリコピン、ぶどうに含まれるポリフェノールなどがあります。

関連する記事

美白におすすめの洗顔石鹸について
古い角質を取り除くピーリングについて
代謝を活性化するトレチノインの効果について
シミ、くすみ、毛穴づまりなどの原因となるターンオーバーの乱れを改善する方法について解説します。