トップページ >  美白基礎知識 >  トレチノイン

トレチノインの効果、副作用

トレチノインはレチノイン酸とも呼ばれるビタミンA誘導体です。トレチノインの効果は肌代謝の活性化です。ピーリング効果、ターンオーバーを促進、線維芽細胞の活性化作用があります。トレチノインは効果が強いため、市販はされていません。美容皮膚科での処方になります。一部、個人輸入代行サイトでも扱っていますが、品質の問題や使用方法などの心配があり、使用に関しては自己責任になります。



トレチノインはハイドロキノンと併用してシミを治すのが一般的です。トレチノインを先丹塗り、十分に乾いてからハイドロキノンを塗ります。トレチノインはピーリング効果があるため、外に出る場合は日焼け止め、ファンデーションでしっかりカバーするようにします。ダイレクトに紫外線を浴びると、強い刺激を受けてしまいます。

ピーリング、ターンオーバー促進作用でシミの元になるメラニン色素の排出を促進します。さらに、角質除去作用と皮脂抑制作用でニキビ対策にも有効です。コラーゲンを促進することでしわ、たるみ対策にもつかわれており、肌老化の様々な症状に有効なのがビタミンAです。ハイドロキノンと併用することでより効果的にシミを改善します。

トレチノインは効果が強いぶん、副作用もあります。肌の炎症、赤み、皮が剥ける症状です。使用し始めは濃度が低いタイプから使うようにします。それでもはじめは肌荒れが起こる事がよくあります。角質層の皮がめくれることで皮膚が薄い状態になります。しっかり保湿をし、紫外線が入らないように日焼け止めを塗るようにします。後は妊婦さんの使用は控えるように言われます。

関連する記事

ハイドロキノンの特徴、効果
ターンオーバーを促進する方法
プラセンタ注射の特徴、効果
ハイドロキノンと一緒に使われる事が多いトレチノインの効果、副作用などについて解説します。