トップページ >  美白基礎知識 >  生活習慣

美白と生活習慣

美白、シミ改善には生活習慣も非常に重要です。ここでは美白、シミ対策に欠かせない生活習慣の改善について紹介します。



●喫煙
喫煙は美白の大敵です。タバコを吸うと、それだけでビタミンCが壊されてしまいます。ビタミンCはシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあります。さらに、コラーゲン合成作用もあり、肌のハリや弾力を維持する働きがあります。さらに、喫煙は血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。血行不良は代謝の低下、くすみの原因にもなります。 美白やシミ対策を考える場合、できるだけタバコは辞めることがおすすめです。

●睡眠
美白対策には睡眠も非常に大切です。睡眠中に、セロトニンとよばれる成長ホルモンが分泌されます。成長因子は細胞活性化作用があり、ターンオーバーの促進やコラーゲン合成などの働きを促進します。ターンオーバーがしっかりすることで、シミの元になるメラニン色素を排出します。睡眠不足はストレスやホルモンバランスの乱れ、肌荒れの原因になります。できれば、1日6時間以上のの睡眠を取ることをおすすめします。

●便秘解消
便秘解消も美白、シミ対策には欠かせません。便秘になると腸内に老廃物が残り、毒素が発生します。腸内に悪玉菌が増えることで、ビタミンB郡の吸収が低下してしまいます。その結果、脂質や糖質の代謝が低下し、肌荒れの原因になります。善玉菌を増やすためには乳酸菌をしっかり取ることが大事です。ヨーグルトをはじめ、キムチやピクルスなどに含まれています。その他、食物繊維を含んだ大豆、にんじん、海藻、バナナなどを意識的に摂ることが大切です。

●入浴
入浴はストレス解消や血行促進など、美肌には欠かせません。特に、寒くなると体は冷えやすくなり、血行不良に陥りやすくなり、代謝が低下してしまいます。また、アロマオイルでリラックスするのもおすすめです。ただ皮脂は41度から42度で溶けると言われています。熱いお湯に長時間はいると、必要以上に皮脂が溶け、乾燥しやすくなるので注意が必要です。湯船に浸かるのは5分から10分程度で大丈夫です。

関連する記事

血行促進と美白について
美白と保湿対策について
美白におすすめのサプリメントについて
シミ、シワの原因になる糖化対策について

睡眠でシミ、美白対策

睡眠は美しいお肌を保つ為にも大変重要です。睡眠不足はストレスによるホルモンの乱れ、代謝の低下などを引き起こします。



・睡眠とお肌の関係
身体は寝ている間に成長ホルモンを分泌します。 成長ホルモンは筋肉や骨、内蔵などの発育に関わるホルモンで、肌の修復と再生の働きも担っています。 成長ホルモンは寝たらすぐに分泌されるものではなく、就寝して3時間ほど(ノンレム睡眠)で分泌されはじめます。

その為、ある程度まとまった時間眠ることが大切です。その結果、成長ホルモンによって皮膚細胞の再生、活性化を促進します。 睡眠が足りないとお肌のターンオーバーは乱れ、ニキビや肌荒れの原因となり、色素沈着の排出にも時間がかかってしまいます。

さらに睡眠不足が深刻化すると、自律神経が乱れて男性ホルモンが活性化し、皮脂の分泌量が増加します。 皮脂の過剰分泌はニキビや乾燥の原因となります。また、活性酸素も発生しやすくなり、シミの原因にもなります。

・就寝前にすべきこと
就寝までには必ず洗顔を行いましょう。 洗顔をしないで寝ると皮脂やメイクが酸化し、お肌の老化に繋がります。

角質が溜まって毛穴が詰まると、お肌全体がゴワゴワしてきます。 顔に触れる枕カバーも清潔にしてから眠るようにしましょう。 就寝前にアルコールやカフェインを摂取すると、良質な睡眠が阻害されるので、出来る限り控えるようにします。睡眠前はホットミルクや野菜スープなどがおすすめです。

・質の高い睡眠をとる方法
睡眠の質を上げることでさらに成長ホルモンの分泌をサポートできます。 以前は、夜10時から2時がお肌のゴールデンタイムと言われていましたが、今は違った見解があります。

成長ホルモンは入眠後3時間で分泌され始めます。 つまり、睡眠が6時間以上続けば、しっかりと成長ホルモンの恩恵を受けられることになります。

ただし、睡眠は長ければ良いわけではなく、理想は7時間程度とされています。 そのため、朝起きる時間から逆算して就寝時間を決めることが大切です。 なるべく決まった時間に睡眠、起床を行うことが睡眠の質を向上させます。

また、就寝前の光の刺激はお肌に悪影響です。 スマホをいじりながら眠ったり、直前までテレビやパソコンを見る行為は避けましょう。 睡眠前の行動に気をつけることで、良い眠りにつけることがニキビ改善への近道です。
美白、シミ改善に欠かせない生活習慣について解説します。