老人性色素斑を改善する方法

UVケアと美白対策がポイント!

老人性色素斑とは紫外線ダメージの蓄積によって起こるシミです。40歳前後になると急激に増え、頬骨の上あたりにできる色素沈着です。シミの中で最も多いのがこの老人性色素斑です。

●UVケアで予防
老人性色素斑の対策は日頃からのUVケアが最も大切です。日焼け止めクリーム、パウダーファンデーションを重ねて塗り、紫外線によるメラノサイトへの刺激を抑える事が大切です。肌が敏感な場合は、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションだけ塗るのも有効です。

●ピーリング
ピーリングによるターンオーバーの改善も大切です。老人性色素斑は紫外線を繰り替えし浴び、メラニン色素が沈着している状態です。AHA(フルーツ酸)を使用したピーリング石鹸、ジェルは古い角質を分解します。古い角質を取り除くことで、ターンオーバーが改善し、メラニン色素の排出を促進します。敏感肌の場合、刺激が強いため、赤みが出ることが有ります。刺激の少ないパパイン酵素の洗顔でも古い角質を取り除く作用があります。

●美白成分
老人性色素斑を改善する美白化粧品でおすすめなのは美白成分「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」を配合した化粧品です。ハイドロキノンには出来てしまったシミを薄くする、強力な美白作用があります。ただ、刺激が強いために赤みや肌荒れが出る事もあります。ビタミンC誘導体にはチロシナーゼ酵素を阻害する作用があり、シミが出来るのを抑制します。さらに、出来てしまったメラニン色素を薄くする作用もあります。

老人性色素斑対策におすすめ美白化粧品

ビーグレン
ビーグレン

ハイドロキノンでシミ対策
 浸透テクノロジーで肌老化にアプローチ
 高濃度でビタミンCでシミ予防!
 リッチクリームでハリ、弾力改善!


洗顔料、化粧水、ビタミンC美容液、ハイドロキノンクリーム、リッチクリームのセット。老人性色素斑の改善をサポートするハイドロキノンクリームをはじめ、シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害するビタミンC誘導体を配合した化粧水、美容液もセット。

その他、肌のハリ、弾力をサポートするペプチドやポリアミンなどを配合したクリーム、毛穴の汚れを取り除くクレイ洗顔料もついています。ビーグレン独自のQuSomeテクノロジーで美容成分がしっかり浸透します。

価格 1,944円 送料無料
容量 洗顔料、化粧水、美容液、ホワイトクリーム、リッチクリーム
成分 ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、ヒトオリゴペプチドなど
アンプルール
アンプルール

新安定型ハイドロキノン配合
 ビタミンC、アルブチンでシミ予防!
 セラミド配合の化粧水!
 乳液ゲルで肌をしっかりカバー!


スポット美容液にはハイドロキノンを配合。アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンがしっかり浸透し、老人性色素斑のシミにアプローチします。

化粧水にはバリア機能を改善するセラミドを配合。日中美容液、乳液ゲルにはシミを予防するアルブチンや抗酸化成分を配合し、シミを予防します。

価格 1,890円 送料無料
容量 スポット美容液、化粧水、美白美容液、乳液ゲルなど
成分 ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、セラミドなど
アスタリフトホワイト
アスタリフト ホワイト

美白成分がシミを抑制

 ナノAMAがメラノサイトの働きを抑える!
 アスタキサンチンが活性酸素を阻害!
 保湿成分も豊富に配合。!


先行美容液、化粧水、美容液、クリームのセット。美白有効成分にアルブチンとビタミンC誘導体を配合。シミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害します。さらに、独自成分「ナノAMA」がメラノサイトの働きを抑制し、シミを改善します。

その他、紫外線等によって発生する活性酸素を阻害するアスタキサンチン、保湿作用のある3種類のコラーゲンなども配合。先行美容液にはバリア機能を改善するヒト型セラミドも配合し、バリア機能を改善します。

価格 1,080円
容量 先行美容液、化粧水、美容液、クリーム
成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、ナノAMA、コラーゲン、セラミドなど
サエル
サエル

敏感肌におすすめの美白化粧品
 美白成分がシミを予防
 炎症や酸化を抑制!
 セラミドで潤いをキープ!


サエルは化粧水、美容液、クリームのセット。美白有効成分にはビタミンC誘導体、アルブチンを配合。シミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害します。さらに、シミを呼ぶするエスクレシドも配合しています。

その他、炎症を抑えるコウキエキス、活性酸素を阻害するムラサキシキブエキスなども配合し、メラノサイトへの刺激を予防します。美容液とクリームにはセラミドを配合し、肌のバリア機能を改善。

価格 1,480円
容量 化粧水、美容液、クリーム
成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、コウキエキス、ムラサキシキブエキスなど
ハイドロキノン、ビタミンCでシミ対策!


老人性色素斑は紫外線によるダメージが長い間積み重なって出来たシミです。40代頃から目立ちはじめ、ニキビ跡にできる炎症性色素沈着よりもなかなか消えません。老人性色素斑にはハイドロキノンによるアプローチがおすすめです。

ビーグレンにはハイドロキノンを約2%配合されています。ビーグレン独自のQuSomeテクノロジーでしっかり浸透し、シミに働きかけます。さらに、高濃度のビタミンC誘導体を配合して紫外線によるメラノサイトへのダメージも抑制します。

老人性色素斑の治療について

老人性色素斑の治療について

●レーザー治療
老人性色素斑は非常に消えにくいシミです。短期間で治療したい場合、クリニックでレーザー治療を行います。老人性色素斑にはQスイッチルビーレーザーを使用するのが一般的です。メラニン色素を効果的に破壊し、シミを消す効果があります。

レーザー治療の後は1週間ほどかさぶたが残ります。また、レーザーをあてた跡に炎症性色素沈着が起こる事があります。ハイドロキノンクリームなどのアフターケアで3ヶ月程度で目立たなくなります。


●トレチノイン


トレチノインはビタミンA誘導体を配合したクリームです。肌の角質を取り除き、ターンオーバーを改善する作用があります。ターンオーバーが進むことでシミの排出をサポートします。刺激のある成分のため、皮剥けや赤みがでます。皮剥け、赤み、乾燥などの症状は使用を開始して3週間程度が目安です。皮剥けがおこならい場合はトレチノインは効いていないと言えます。皮膚科で相談し、濃度の高いトレチノインを使用することをおすすめします。


●プラセンタ


プラセンタにはヒトプラセンタ、馬プラセンタ、豚プラセンタがあります。ヒトプラセンタにはメルモン、ラエンネックと呼ばれる製品があり、クリニックでプラセンタ注射を行なっています。 馬や豚のプラセンタはサプリで処方されています。

プラセンタにはアミノ酸をはじめ、成長因子やビタミン、ミネラルなどの栄養分が豊富に配合されています。プラセンタは更年期障害の改善作用をはじめ、シミの改善や乾燥肌やアトピー性皮膚炎の改善などにも有効です。

悩み別に選ぶ美白化粧品

敏感肌美白

敏感肌用の美白について。バリア機能が乱れ、化粧品で肌あれや赤みがでやすい方におすすめの美白化粧品。
敏感肌美白はコチラ

老人性色素班

シミで最も多い老人性色素斑対策。紫外線の影響を受け、年齢と共に濃くなる老人性色素斑対策、化粧品について。
老人性色素斑はコチラ

炎症性色素沈着

ニキビなどによって、角質層に出来る炎症性色素沈着を改善する方法をはじめ、おすすめの美白化粧品について。
炎症性色素沈着はコチラ

肝斑

ホルモンバランスの変化によって出来るシミ。左右対称に大きめのシミが出来る肝斑対策、化粧品について。
肝斑対策はコチラ

アンプルール
新安定型ハイドロキノンが出来たシミを改善。さらに、セラミド配合の化粧水やアルブチン配合の美容液、クリームのセット。
アスタリフトホワイト
シミの発生を予防するアルブチン、活性酸素を阻害するアスタキサンチンを配合。美容液には浸透型ビタミンC配合。
ビーグレン
ハイドロキノン、高濃度ビタミンC誘導体でシミの原因となるメラニンを徹底抑制。保湿力も抜群のセットです。
紫外線による長年のダメージが積み重なってできたシミを改善する方法や最適な美白化粧品を紹介します