妊娠中のシミ、美白対策

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化します。妊娠を維持するためにプロゲステロン、テストステロンの両方が増加します。その為、肌の調子が変化しやすくなります。特に、プロゲステロンの影響でメラノサイトが活性化し、シミが出来やすくなります。ここでは、妊娠中のシミ、美白対策について紹介します。


出典:http://www.sen-sin.com/

●紫外線対策が最も重要
妊娠中はシミのもとになるメラノサイトの働きが活発な時期です。少しの紫外線でも敏感にメラノサイトが働き、メラニン色素が出来やすくなります。紫外線対策ではファンデーションが欠かせません。妊娠中は肌が敏感になるので、低刺激のパウダーファンデーションやミネラルファンデーションがおすすめです。

●低刺激の美白成分
妊娠中は美白成分も低刺激なビタミンC誘導体、アルブチンなどがおすすめです。美白有効成分はシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。その他、保湿もかかせません。セラミドなどの保湿成分で角質層のバリア機能を改善することで、紫外線をブロックします。

●ハイドロキノン、トレチノインなどは使用しない
シミ、美白効果の強いハイドロキノン、トレチノインは妊娠中、授乳中の使用は止められています。美白成分の刺激が強いため、胎児への影響が出ることがあります。また、妊娠中の敏感肌にはピーリングも行う事ができません。洗顔にも合成界面活性剤を使用していない洗顔石鹸を使用する事をおすすめします。

●肝斑対策は慎重に
妊娠中のホルモンバランスの変化によって肝斑が出来る事があります。肝斑は頬骨の高い部分に左右対称に出来てしまいます。肝斑と言えばトラネキサム酸が有効です。トラネキサム酸の服用は医師に相談することをおすすめします。肝斑の多くは、出産してホルモンバランスが落ち着いてくるにつれて薄くなります。

妊娠中におすすめの美白化粧品

サエル
価格:1,480円 送料無料
美白成分には刺激を抑えたビタミンC誘導体、アルブチンを配合。さらに、炎症を抑える植物エキス、活性酸素を阻害するアルニカエキスなども配合。クリームには角質層のバリア機能を改善するセラミドを配合し、アトピーを改善。
アスタリフトホワイト
価格:1,080円 送料無料
美白成分には低刺激のアルブチン、ビタミンC誘導体を配合。さらに、シミの元を分解するナノAMA、保湿成分もたっぷり配合。
HANAオーガニック
価格:1,480円 送料無料
オーガニック成分にこだわった美白化粧品。刺激のある石油系合成成分や防腐剤などは無添加。ダマスクローズでシミ対策をサポート。
妊娠中におすすめはサエル!
妊娠中の肌は非常に敏感になります。美白化粧品「サエル」には、低刺激の美白成分「ビタミンC誘導体」「アルブチン」を使用。さらに、炎症を抑えるグリチルリチン酸、活性酸素を阻害するアルニカエキスを配合。シミのもとになるメラノサイトの活性化を抑制します。

サエルの美容液、クリームにはヒト型セラミドを配合。人の角質にあるセラミドと同じ形をしているため、角質層のバリア機能をしっかり改善。紫外線などの外部刺激をブロックすることで、紫外線や活性酸素の発生を抑えます。


関連記事

ビタミンC

シミに有効な美白成分「ビタミンC」の特徴、効果をはじめ、ビタミンCを配合した美白化粧品のおすすめについて。
ビタミンCはコチラ

ハイドロキノン

出来たしまったシミに有効なハイドロキノンの効果をはじめ、ハイドロキノン配合のおすすめ美白化粧品について紹介。
ハイドロキノンはコチラ

乾燥肌美白

皮脂膜やセラミドなど、角質層のバリア機能が乱れている乾燥肌対策や乾燥肌におすすめの美白化粧品を紹介。
乾燥肌にはコチラ

妊娠中美白

ホルモンバランスが変化し、肌が敏感になりやすい妊娠中の美白対策をはじめ、おすすめの美白化粧品について。
妊娠中はコチラ

アンプルール
新安定型ハイドロキノンが出来たシミを改善。さらに、セラミド配合の化粧水やアルブチン配合の美容液、クリームのセット。
アスタリフトホワイト
シミの発生を予防するアルブチン、活性酸素を阻害するアスタキサンチンを配合。美容液には浸透型ビタミンC配合。
ビーグレン
ハイドロキノン、高濃度ビタミンC誘導体でシミの原因となるメラニンを徹底抑制。保湿力も抜群のセットです。
ホルモンバランスの変わる妊娠中のシミ、美白対策をはじめ、おすすめの美白化粧品について紹介します。