ルミキシルの特徴、効果



●ルミキシルの特徴、効果
ルミキシルはルミキシルペプチド(デカペプチド-12)を配合した美白クリームです。ルミキシルペプチドとは、アミノ酸が10個結合したペプチドです。アルギニン、リジン、セリン、トリプトファン、チロシンと呼ばれるアミノ酸から出来ています。ルミキシルペプチドは非常に低分子なので、角質層からしっかりと浸透し、シミにアプローチします。

・アルギニンには血流改善作用
・リジンにはタンパク質合成
・セリンは天然保湿因子
・トリプトファンには抗酸化作用
・チロシンは細胞活性化作用

ルミキシルペプチドはチロシナーゼ酵素を阻害する効果に優れています。 チロシナーゼ酵素を阻害する作用はハイドロキノンよりも強く、シミの発生をしっかりとブロックします。また、ハイドロキノンよりも刺激もないため、敏感肌でも安心して使用できます。ただ、ハイドロキノンのようなシミを薄くする作用はありません。

その他にも、ルミキシルの美白クリームには保湿作用のあるグリセリンやアロエベラエキス、ヒアルロン酸、炎症を抑えるアラントイン、甘草エキスなども配合。炎症や乾燥などを抑制し、肌トラブルを防止します。

ルミキシルの口コミ、評価


34歳 乾燥肌

皮膚科でハイドロキノン軟膏を処方してもらいましたが、刺激が強くぎて顔にブツブツが出てしまいました。ネットでシミ対策を探していて、ルミキシルの事を知りました。こちらのクリームを塗ることで、くすみが取れて顔色が明るくなりました。母親からも顔が白くなったと言われます。漂白機能はないですが、リピートして使っています。


41歳 敏感肌

肌が敏感なため、ハイドロキノンなどの美白化粧品は使用できません。ルミキシルは低刺激と聞き、楽天で注文しました。クリームとしては保湿力もあり、刺激もありません。肝心の美白効果ですが、濃くなっているシミには特に変化はありませんでした。ただ、肌の明るさがワントーンアップした感じです。お値段が少し張るので、リピートは検討中です。


34歳 混合肌

使用を開始してから黄色いくすみが改善してきました。肝斑が出来ている部分は特に変化がありまえせん。肌が全体的に明るくはなっています。お値段が高いのでリピートはなしです。ハイドロキノンのような刺激もはく、シミの予防にはいいと思います。


42歳 敏感肌

ハイドロキノン、トレチノイン軟膏を試しましたが、赤いブツブツが出来て1日で断念。それから皮膚科で教えて貰ったのがルミキシルです。肌への刺激はなく、しっとりしています。ただ、シミへの変化は全くありませんでした。チロシナーゼ酵素を除去する作用があるようですが、シミを薄くするのは難しいようです。お値段もそこそこするため、1本で終了しました。



ルミキシルの商品詳細

美白成分「ルミキシルペプチド」を配合したクリーム。チロシナーゼ酵素を阻害する作用に優れ、シミをしっかり予防。さらに、くすみの改善作用もあります。
7,063円 送料無料
クリーム30ml
ルミキシルペプチド
シミ、くすみ、保湿


美白化粧品 関連記事

ハイドロキノン

チロシナーゼ酵素を阻害してシミを予防する作用に加え、出来てしまった色素沈着に働きかけて薄くする作用のあるハイドロキノン配合の美白化粧品について。
ハイドロキノンの詳細

ビタミンC誘導体

炎症性色素を改善する作用をはじめ、シミ予防、活性酸素を阻害する作用がなど、シミ対策に欠かせないビタミンC誘導体配合の美白化粧品について紹介。
ビタミンC誘導体の詳細

アスタリフトホワイト

アルブチン配合の化粧水、クリーム、水溶性ビタミンC誘導体配合の美容液ガセット。さらに、セラミド配合の先行美容液のセット。その他、抗酸化作用のあるアスタキサンチン配合。
アスタリフトホワイト

米国で開発された「ルミキシルペプチド」を配合した美白化粧品の特徴、効果について紹介します。