ケシミンクリームの効果



ビタミンC配合のクリーム

ケシミンクリームにはビタミンCとビタミンEを配合しています。寝る前にシミが気になる部分に塗りこみます。ビタミンCが浸透し、シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。さらに、ビタミンCには皮脂を抑える作用や抗酸化作用などもあります。シミを防止する作用に加え、ニキビや肌荒れも防ぎます。


ケシミンにはビタミンCに加えビタミンEが含まれています。ビタミンEには血行を促進する作用があります。寝る前に塗ることで代謝が促進し、シミの改善をサポートします。その他、炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリル、保湿成分なども配合し、肌を健やかに保ちます。



ケシミンのここが凄い!

 ビタミンCでシミの発生を予防
 ビタミンEで代謝を促進
 炎症を抑える成分配合
 保湿成分で肌に潤い補給



ケシミンクリームの口コミ、評価


31歳 乾燥肌

寝る前にシミが気になるところにピンポンとで塗っています。出来たシミに対しては特に変化はありません。どちらかと言うと、改善よりも予防、現状維持に有効な感じがします。ただ、保湿力はかなりあります。塗った所は特に肌がしっとりしています。家族がニキビに使用してみたら、ニキビには効果があるようです。


35歳 乾燥肌

うっすらとシミが出来た所に使用しています。シミが薄くなるという効果は特にありません。ただ、肌がワントーン明るくなった感じがします。また、保湿力が優れています。肌が乾燥する時期でもケシミンクリームを塗ることで肌がしっとりています。乾燥による肌荒れ対策として主に使っています。


32歳 混合肌

あくまで予防用ですね。出来てしまったシミの部分にシッカリ塗っていますが、全く変化がりません。1本使い切っただけですが、ビタミンCの効果に期待しすぎました。保湿力はあるので、保湿クリームとして使うと良いかもしれません。あと、肌が薄い目の周りは少ししみる感じがしました。


42歳 敏感肌

ケシミンという名前とは違い、あくまでもシミを防ぐのが目的のようです。出来たシミに塗り込んで見ましたが、特に変化はありません。さらに、肌がヒリヒリして赤くなってしまいました。ビタミンCは敏感肌には少し刺激があるようです。そのため、皮膚が薄い所は避ける事をおすすめします。ハイドロキノンも刺激があるので躊躇していましたが、濃度が低いタイプから使って見ようと思います。



ケシミンクリーム 商品詳細

ビタミンCとビタミンEを配合したシミ予防クリーム。ビタミンCがシミを予防し、ビタミンEが代謝を促進。保湿力もあり、潤いが持続します。
定価:1,944円
30g
ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、グリチルレチン酸ステアリルなど
シミ予防、保湿


美白化粧品 関連記事

サエル

敏感肌におすすめの美白化粧品。化粧水、美容液、クリームのセット。美白成分にはビタミンC誘導体、アルブチンを使用。クリームにはセラミドを配合し、バリア機能を改善。
サエル 美白の詳細

ビーグレン

出来てしまったシミにアプローチするハイドロキノンクリームをはじめ、色素沈着の改善をサポートするビタミンC誘導体を高濃度配合したCセラム、化粧水、クリームのセット。
ビーグレン ホワイトの詳細

アスタリフトホワイト

アルブチン配合の化粧水、クリーム、水溶性ビタミンC誘導体配合の美容液、セラミド配合の先行美容液がセット。すべてに、抗酸化作用のあるアスタキサンチンを配合。
アスタリフトホワイト

小林製薬のシミ化粧品「ケシミン」の特徴、成分、口コミなどについて紹介します。