トップページ >  美白基礎知識 >  日焼け後の美白ケア

日焼け後のケア、対策

夏になると外出する機会が増えがち。海やレジャー施設、プールなどに出かける場合をはじめ、長時間、車に乗っているだけでも紫外線を多く浴びてしまいます。日頃から日焼け止めや日傘、サングラスなどの紫外線対策をする事は重要です。ですが、それでも100%紫外線をカットする事はできません。



紫外線を浴びると皮膚が赤くなることがあります。これはUVB波によるサンバーンと呼ばれる症状です。軽い火傷と同じで赤く腫れてきます。日焼けしてしまった肌のケアで大事なのは冷やす事です。肌が赤くなって痛みを感じる場合は保冷剤をタオルで巻いて冷やします。

日焼けをすると体内の水分も蒸発します。その為、冷たい水などの水分補給も非常に重要です。できればビタミンCを配合したアセロラドリンクがおすすめです。ビタミンCはメラニン色素の生成を予防します。アセロラにはビタミンCが豊富に含まれています。

●ワセリン、馬油
体の保湿にはワセリンや馬油などの保湿クリームがおすすめです。ワセリンでおすすめなのが白色ワセリンを配合したサンホワイトです。肌への刺激が弱い純度の高い白色ワセリンだけを使用しています。肌表面を皮脂膜のようにカバーし、肌水分の蒸発を防止しながら外部刺激をブロックします。

馬油は馬の脂肪から不純物を取り除き、採取した脂です。馬油は火傷、アトピー対策に使われているクリームです。日焼け後の皮膚は軽い火傷に近い状態なので、馬油のクリームが最適です。馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれているので、日焼けによる炎症やかゆみを抑制します。人の皮脂に近く、浸透性もあるので、日焼けによる乾燥を防ぐ事も可能です。

●シートマスク
日焼け後にはシートマスクもおすすめです。日焼け後、美白にはビタミンCは配合のシートマスクがおすすめです。ビタミンCには紫外線による活性酸素の抑制、シミの予防作用があります。洗顔後にシートマスクを拡げ、目と口の場所にあわせて顔に乗せます。10分から15分間程度したら外します。シートマスクを外した後には保湿クリームをしっかり塗り、乾燥させないようにすることが大事です。

関連する記事

紫外線対策について
ビタミンC誘導体の効果について
美白に欠かせない保湿について
美白におすすめの食事、栄養

日焼け アフターケア

夏と言えばBBQをはじめ、アウトドアのイベントが多く、普段よりも紫外線を浴びる機会が格段にふえます。さらに、5月から8月は紫外線の量が最も多いため、日焼け後のアフターケアは非常に大切になります。



●日焼け後のケアが大切な理由
日焼けをすると体に熱がこもります。熱がこもると体内の水分が蒸発し、肌は乾燥しやすくなります。また、日焼けは軽い火傷と同じ状態なので、赤くなってしまいます。

その他、紫外線はコラーゲンにダメージを与えたり、メラノサイトを刺激する作用があります。シワやシミなどの肌トラブルの元になるので、早めにアフターケアをする事が大事。

●日焼け後のアフターケア

・しっかり冷やす
日焼けをしたらまず冷やすことです。肌には熱が残っています。この熱が乾燥や炎症などの原因となり、肌トラブルを悪化させます。濡れたタオルで日焼けした所を冷やすことで、熱を逃がすことができます。海などに行って体全体が日焼けした場合は、短時間の水風呂に入るのがおすすめです。

・保湿ケア
紫外線を浴びると熱を持ち、肌は乾燥します。乾燥すると肌バリアが乱れ、炎症などのトラブルが発生します。日焼け後の保湿は化粧水をしっかりつけることをおすすめします。アミノ酸やコラーゲン、セラミドなどが入った化粧水はバリア機能と潤い補給をサポートしてくれます。日焼け直後は肌が敏感なため、あまり成分の多い化粧品は避けます。

・水分補給
日焼け後は水分補給も欠かせません。熱によって水分が奪われるため、外側からの保湿ケアに加え、内側からも水分を補給する事も大事です。水分は一度に多く摂るよりも、こまめに摂る事が大切です。1回あたり200ml程度の水分を補給する事をおすすめします。

●日焼け後の注意点
日焼けをした際に皮が剥けてしまうことがあります。しかし皮を剥いてしまうと肌状態はさらに悪化してしまいます。バリア機能が弱くなってしまうため、紫外線や外部刺激をさらに受けやすくなります。

そのほか、日焼け後の肌は非常に敏感になっています。そのため、化粧品でもヒリっとしたりする事があります。無添加の化粧水程度であれば大丈夫ですが、成分の多く入っている化粧品は、日焼け直後の使用は避けることをおすすめします。洗剤なども香料の多いタイプを避け、できるだけ無添加タイプを使用する事をおすすめします。

日焼けをした日はしっかりと睡眠を取ることも大切です。睡眠を取ることで細胞を活性化する成長ホルモン、活性酸素を阻害するメラトニンが分泌されます。ターンオーバーの促進と活性酸素の阻害はシミ対策には欠かせません。できれば6時間以上の睡眠時間を確保する事をおすすめします。
日焼けしてしまった後の美白ケアについて。ビタミンCのシートマスクやクリームなどのケアについて解説。