トップページ >  商品別、成分別美白化粧品 >  ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質の特徴、効果



ヘパリン類似物質は保湿外用薬の一種です。ヒルドイドとも呼ばれ、クリニックでの処方や市販薬として扱われています。ローション、クリームがあり、アトピーの保湿ケアや皮膚のかさつき、しもやけなどに使用されています。ここではヘパリン類似物質(ヒルドイド)の効果について紹介します。

ヒルドイドの効果



ヘパリン類似物質の特徴のひとつに浸透力があります。保湿成分と言えばセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ワセリンなどが有名ですが、これらの保湿成分は角質層までしか浸透しません。ヘパリン類似物質は基底層まで浸透し、細胞に働きかける作用があります。

●保湿作用
ヘパリン類似物質はアトピーなどの処方される保湿外用薬です。セラミドや皮脂の産生をサポートし、バリア機能の改善をサポートします。その結果、外部刺激などの侵入を抑えて炎症の発生を抑制します。

●血行促進
ヘパリン類似物質は基底層まで浸透し、血行を促進します。血流改善が良くなるとターンオーバーが改善します。ターンオーバーが早くなることで色素沈着の排出や傷の修復などをサポートします。

●抗炎症作用
ヘパリン類似物質には炎症を沈める作用があります。あかぎれやしもやけなどの肌荒れの改善をサポート。ヘパリン類似物質は非常に低刺激のため、子供でも使用することが可能です。

ヘパリン類似物質の注意点



ヒルドイドは出血性血液疾患のある患者、わずかな出血でも重大な結果をきたす事が予想される人には使用することができません。副作用は殆ど報告されていませんが、発疹や赤みなどが出る場合は使用を中止します。出血している所や引っ掻いて赤くなった部分への使用には十分に注意してください。

ヘパリン類似物質の使用方法



ヘパリン類似物質は1日に1~2回使用します。顔の場合は1回約1gです。ローションの場合、1円玉大で0.5gです。特に入浴後5分以内に使用することが効果的です。保湿と代謝の改善をサポートします。

顔に使用する場合はローションが推奨されています。腕、かかと、膝などには軟膏、クリームが推奨されています。

ヘパリン類似物質ローションのおすすめ

さいき ローション
さいきローション

ヘパリン類似物質で代謝促進
 乾燥肌対策をしっかりサポート!
 ターンオーバーを促進して色素沈着改善!
 無添加で低刺激!


ミューノアージュは無添加にこだわり。ノンアルコールにこだわり、ヘアカラー後も安心して使用できます。また、香料や石油系界面活性剤、パラベンなどの刺激成分も無添加です。

保湿持続性と血行促進作用のあるヘパリン類似物質を配合。アトピーなどの乾燥肌の改善をはじめ、血行促進作用によるターンオーバー改善効果があります。ヘパリン類似物質以外にも炎症を抑えるグリチルレチン酸2k、傷を修復するアラントインなども配合。アルコール、パラベン、香料などは無添加だから、敏感肌にも安心です。

価格 1,000円前後
容量 30g
成分 ヘパリン類似物質、グリチルレチン酸2k、アラントイン、グリセリン、スクワランなど
ピアソンHPローション
ピアソンHP

ヘパリン類似物質で潤い補給
 血行促進をサポート
 角化症の改善にも有効!
 ステロイドは不使用!


ヘパリン類似物質を使用したローション。角質層の水分量をしっかり改善し、アトピー肌や乾燥肌の保湿をサポート。さらに、血行促進作用によって肌細胞の代謝を促進。ターンオーバーの改善によって色素沈着の排出をサポートします。

価格 1,000円前後
容量 50g
成分 ヘパリン類似物質、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、ヒプロメロース、グリコールなど
アンプルール
新安定型ハイドロキノンが出来たシミを改善。さらに、セラミド配合の化粧水やアルブチン配合の美容液、クリームのセット。
アスタリフトホワイト
シミの発生を予防するアルブチン、活性酸素を阻害するアスタキサンチンを配合。美容液には浸透型ビタミンC配合。
ビーグレン
ハイドロキノン、高濃度ビタミンC誘導体でシミの原因となるメラニンを徹底抑制。保湿力も抜群のセットです。
保湿作用や血行促進作用のあるヘパリン類似物質(ヒルドイド)の効果、注意点、ヘパリン類似物質配合の化粧水などについて。