紫外線などによって発生するシミ、くすみを改善、予防するための美白化粧品をランキングで紹介。実際に試してみた結果で、人気の美白化粧品ランキングを決定。美白になるための方法なども紹介します。
色々と話題の美白化粧品。美白化粧品といっても化粧水、美容液、クリームなど様々です。このサイトでは美白化粧品でもトライアルセットを中心に、実際に試して体験したものを紹介します。

美白化粧品を選ぶポイント

美白成分でシミ対策!

シミの原因の多くは紫外線による日焼けです。紫外線を浴びるとエンドセリンや活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激します。刺激を受けたメラノサイトはチロシナーゼ酵素を生成し、メラニン色素やシミの発生を引き起こします。そこで使用するのが美白化粧品です。美白化粧品に配合されている美白有効成分はチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、メラニン色素の生成を抑制します。美白有効成分ではアルブチン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどが有名です。



シミを発生させないためには活性酸素を除外する事も重要です。活性酸素はメラノサイトを刺激するだけでなく、細胞や血管にダメージを与えて肌老化を引き起こします。抗酸化作用のあるアスタキサンチンやビタミンC誘導体は活性酸素を除去し、シミやシワの発生を予防します。日頃からの美白対策にはUVケアが欠かせません。日焼け止め、パウダーファンデーションで紫外線をブロックします。さらにセラミドなどの保湿成分で角質層のバリア機能を改善することも紫外線ブロックに有効です。

悩み別の美白化粧品

敏感肌美白

敏感肌用の美白について。バリア機能が乱れ、化粧品で肌あれや赤みがでやすい方におすすめの美白化粧品。
敏感肌美白はコチラ

老人性色素班

シミで最も多い老人性色素斑対策。紫外線の影響を受け、年齢と共に濃くなる老人性色素斑対策、化粧品について。
老人性色素斑はコチラ

炎症性色素沈着

ニキビなどによって、角質層に出来る炎症性色素沈着を改善する方法をはじめ、おすすめの美白化粧品について。
炎症性色素沈着はコチラ

肝斑

ホルモンバランスの変化によって出来るシミ。左右対称に大きめのシミが出来る肝斑対策、化粧品について。
肝斑対策はコチラ

ビタミンC

シミに有効な美白成分「ビタミンC」の特徴、効果をはじめ、ビタミンCを配合した美白化粧品のおすすめについて。
ビタミンCはコチラ

ハイドロキノン

出来たしまったシミに有効なハイドロキノンの効果をはじめ、ハイドロキノン配合のおすすめ美白化粧品について紹介。
ハイドロキノンはコチラ

乾燥肌美白

皮脂膜やセラミドなど、角質層のバリア機能が乱れている乾燥肌対策や乾燥肌におすすめの美白化粧品を紹介。
乾燥肌にはコチラ

妊娠中美白

ホルモンバランスが変化し、肌が敏感になりやすい妊娠中の美白対策をはじめ、おすすめの美白化粧品について。
妊娠中はコチラ

美白化粧品人気ランキングBEST5

ランク3
アンプルール
商品名

出来てしまったシミも改善。
化粧水、スポット美容液、美容液、クリームのセット。独自の新安定型ハイドロキノンを配合し、出来てしまったシミを改善。さらに、セラミド配合の化粧水でバリア機能を改善。
1,890円送料無料
アスタリフトホワイト
商品名

美白、抗酸化成分でシミ対策
化粧水、美容液、クリームのセット。メラニン色素の発生を予防するアルブチン、抗酸化作用のあるアスタキサンチンを配合。美容液には浸透型ビタミンC誘導体も含まれています。
1,080円送料無料
サエル
商品名

敏感肌美白におすすめ化粧品
化粧水、美容液、クリームのセット。美白有効成分「ビタミンC誘導体、アルブチン」がシミを予防。さらに抗酸化成分と保湿成分が肌老化を防止します。
1,480円送料無料
ビーグレン
商品名

ハイドロキノンで美白サポート
化粧水、美容液、クリーム、エイジングクリームのセット。美白成分にハイドロキノンを採用し、出来てしまったシミを改善。さらにビタミンC,アルブチンでシミを予防。
1,944円送料無料
HANAオーガニック
商品名

オーガニック植物エキスでシミ排出
洗顔料、化粧水、乳液、日焼け止めのセット。化学成分を一切使わず、植物エキスにこだわり。ダマスクローズなどの花精油でシミ排出を促進し、ヒルベリーで炎症を抑制。
1,480円送料無料
新安定型ハイドロキノン配合


ハイドロキノンで今あるシミにアプローチ
アルブチン、ビタミンCでシミ予防
お試しのトライアルでお得!

新安定型ハイドロキノンを配合したスポット美容液が出来てしまったシミにアプローチします。独自のカプセル化技術で角質層にシッカリ浸透し、シミやチロシナーゼ酵素に働きかけます。

化粧水には独自のカプセル「AOカプセル」を配合。酸化を抑制する美容成分を配合し、ハイドロキノンの働きをサポート。さらにセラミドやコラーゲンを配合し、外部刺激を抑制します。

美容液には美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合。日中の紫外線によるシミの発生を予防します。他にもセレブロシド、ヒアルロン酸、酵母エキスなどの保湿成分も配合し、フォトニールが紫外線ダメージから肌を守ります。

ハイドロキノンなどの美白成分たっぷりの「アンプルール」

年代別におすすめの美白化粧品

20代美白

20代女性のシミ美白対策について。ターンオーバーもしっかりしている20代ではニキビ跡や炎症などによるシミがでやすい時期です。
詳しい情報はコチラ

30代美白

30代女性の美白対策。ターンオーバーが少しずつ遅れ始め、30代後半には女性ホルモンも減少し始めます。美白成分、炎症対策がおすすめ。
詳しい情報はコチラ

40代美白

40代女性の美白対策。40代になるとターンオーバーが遅れ、老人性色素斑が増え始めます。紫外線によるメラニン対策は必須です。
詳しい情報はコチラ

50代美白

50代女性の美白対策。女性ホルモンの急激な減少や代謝の低下でシミが増えやすくなります。美白成分とターンオーバー促進が欠かせません。
詳しい情報はコチラ

美白対策の方法

美白には紫外線対策からはじまり、美白成分を配合した美白化粧品、ピーリング、レーザー治療など様々な種類があります。ここではシミ、美白へのアプローチを紹介します。

1.紫外線、UVケア
美白ケアの最初のステップは紫外線対策です。紫外線は5月から8月までが最も強くなります。ただ、それ以外の時期にも紫外線対策は欠かせません。また、10時から14時までの時間帯は紫外線量が多くなります。



・パウダーファンデーション
紫外線対策にはパウダーファンデーションと日焼け止めを使うのが一般的です。買い物などのお出かけにはパウダーファンデーションがおすすめです。粉が細かいパウダーファンデーション、ミネラルファンデーションなどは紫外線をブロックしてくれます。また、リキッドに比べて肌へのダメージは少なめです。

・日焼け止め
初夏以降、紫外線の強い時期に屋外に出る際には日焼け止めとパウダーファンデーションの両方で紫外線対策を行うのがおすすめです。紫外線にはシワの原因となるUVA波、シミやくすみの原因となるUVB波があります。

日焼け止めにあるSPFはUVB波をカットする力を表します。数字が大きい程、長時間紫外線をブロックします。PAはUVA波をカットする力を表します。+の数が多いほど、UVA波を長時間カットします。ただ、これらの数字が大きいと、肌への刺激が強くなります。敏感肌の場合は、肌荒れを起こす事があるので注意が必要です。また、紫外線吸収剤フリータイプの方が低刺激になります。

2.美白成分配合の美白化粧品
美白化粧品には様々な種類があります。大きく分けると、紫外線を浴びることで発生する伝達物質を阻害する美白成分、メラノサイトが刺激を受けることで生成するチロシナーゼを阻害する成分、出来てしまったメラニン色素を薄くする成分があります。



・伝達物資を抑制する美白成分
紫外線を浴びるとエンドセリン、プラスミンなどの伝達物資が発生します。これらの伝達物資がメラノサイトを刺激し、シミの原因となるメラニン色素が作られます。

・カモミラET・・伝達物質「エンドセリン」を阻害する美白成分
・トラネキサム酸・・伝達物質「プラスミン」を阻害する美白成分

・チロシナーゼ酵素を阻害する美白成分
美白化粧品で最も多いのがこのタイプです。伝達物質がメラノサイトに刺激を与えるとメラノサイトではチロシンとチロシナーゼ酵素が発生します。この2つが結合することでメラニン色素は発生します。苔桃から抽出された美白成分「アルブチン」配合の美白化粧品にはアスタリフトホワイト、ビタミンC誘導体を配合した美白化粧品にはサエルなどがあります。

その他にも、麹菌由来の美白成分「コウジ酸」、イチゴ由来の美白成分「エラグ酸」、POLAの美白化粧品に使われている「ルシノール」、サンスターの美白化粧品に使われている「リノレックS」などには、チロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。

・アルブチン・・チロシナーゼを阻害するコメモモから抽出された美白成分
・ビタミンC誘導体・・チロシナーゼ阻害、抗酸化作用などのある美白成分
・コウジ酸・・チロシナーゼ阻害作用。麹の菌から生成される美白成分


・出来てしまったシミ対策
チロシン(アミノ酸)とチロシナーゼ酵素によって発生したメラニンを還元する成分。ハイドロキノン配合の化粧品には、独自の浸透技術を採用したアンプルール、ビーグレンなどがあります。

・ハイドロキノン・・出来てしまったメラニンを還元して薄くする作用がある美白成分
・ビタミンC誘導体・・ニキビ跡などの色素沈着を還元する美白成分

3.ターンオーバー
ターンオーバーは年齢と共に低下します。20代では28日ですが、40代になると45日、50代では55日もかかるようになります。その結果、シミの原因となるメラニン色素が沈着しやすくなります。ターンオーバーを促進する幾つかの方法を紹介します。

・ピーリング
美白で大事なのがメラニン色素の排出です。加齢による代謝低下、乾燥による角質肥厚などにより、ターンオーバーがどんどん遅くなります。その結果、メラニン色素が沈着してシミになります。



ピーリング石鹸は、酸の力で古い角質を分解します。その結果、新陳代謝があがり、ターンオーバーも改善します。ターンオーバーによってメラニン色素の排出を促進し、シミを改善します。AHA(フルーツ酸)を配合した石鹸、パパイン酵素を使った石鹸が一般的です。フルーツ酸の石鹸は刺激が強いため、赤みや肌荒れが出る場合は使用を減らすようにします。 ターンオーバー促進には「レチノール」も有効です。レチノールとはビタミンAの一種です。ビタミンAにはターンオーバー促進作用やコラーゲン合成作用があります。

・プラセンタ
ターンオーバーの促進にはプラセンタが有効です。プラセンタは胎盤から抽出されるエキスで、化粧水やサプリメントにしようされています。アミノ酸、成長因子、ビタミン、ミネラル、核酸などの栄養素が豊富に含まれています。成長因子によってターンオーバーを促進し、シミの排出をサポートします。

・食事
ターンオーバーの改善には血流を改善する食事も大切です。血液に含まれる栄養や酸素を基底層細胞に届けることで、ターンオーバーが進みます。血流の改善にはイワシ、サバなどに含まれるオメガ3脂肪酸(EPA,DHA)が有効です。その他、血栓を溶かす納豆、大根やワサビ、玉ねぎなども血行を促進します。

・睡眠
ターンオーバーには睡眠も欠かせません。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。ノンレム睡眠時には副交感神経が働き、血圧や脈拍などが低下します。このノンレム睡眠時に成長ホルモンが分泌し、細胞代謝を促進します。さらに、睡眠中にはメラトニンも分泌され、活性酸素を阻害する作用があります。睡眠は1日6時間から7時間程度取る事をおすすめします。

4.抗酸化対策
紫外線によって発生するのが一重項酸素と呼ばれる活性酸素です。初夏から初秋までの紫外線の強い時期は特に注意が必要です。一重項酸素には非常に酸化力があり、脂質を酸化して過酸化脂質が発生します。



過酸化脂質は皮膚の細胞にダメージを与えます。その結果、メラノサイトを刺激して大量にメラニン色素が生成されます。そして、ターンオーバーも低下するために、色素沈着が発生します。紫外線によって発生する一重項酸素を阻害するには抗酸化成分が必要です。

・リコピン
リコピンはトマトに含まれる抗酸化成分です。一重項酸素を阻害する作用に優れ、紫外線によるシミを抑制します。さらに、血液中のLDLコレステロールの酸化を抑える作用があり、血流改善をサポートします。

・アスタキサンチン
一重項酸素を阻害する成分のひとつにアスタキサンチンがあります。鮭やエビ、イクラ、カニなどに含まれる赤い色素物質です。美白作用に加え、眼精疲労の改善にも有効です。

・βカロチン
βカロチンはニンジン、カボチャ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種です。一重項酸素などの活性酸素を阻害する作用があり、シミの発生を抑えます。その他、夜盲症の予防、粘膜を守る作用などもあります。

5.その他のシミ対策



・塗り薬
美容皮膚科ではハイドロキノンとトレチノインのクリームを処方しています。こちらは自由診療のため、保険対象外です。市販の化粧品よりも高濃度のハイドロキノンクリームを扱っています。ただ、濃度が高くなると、肌への刺激が非常に強くなります。

トレチノインとはビタミンAの一種です。コラーゲンに働きかけることで、ターンオーバーを促進。メラニン色素の排出をサポートします。刺激があり、最初は皮剥けが発生します。炎症がひどい場合はクリニックに相談することをおすすめします。ハイドロキノン、トレチノインは保湿と紫外線対策をしっかりすることも重要です。

・飲み薬
シミ対策の飲み薬には、ハイチオールCやキミエホワイトなどがあります。これらの飲み薬はドラッグストアや通販で購入可能です。特徴としてはシミの排出、改善をサポートするLシステインを配合しています。LシステインとビタミンCによってシミを改善します。3ヶ月程度、継続して服用することが推奨されています。

肝斑にはトラネキサム酸配合の飲み薬があります。市販ではトランシーノが有名です。トラネキサム酸はプラスミンと呼ばれる肝斑の原因となる酵素の働きを阻害します。

・イオン導入
シミ対策ではビタミンCやトラネキサム酸などのイオン導入も有効です。家庭で美顔器を使用する方法、美容クリニックでのイオン導入があります。ビタミンCには炎症性色素沈着を改善する作用があります。肝斑にはトラネキサム酸が有効です。家庭用と美容クリニックを比較すると、クリニックは美容成分の濃度が高く、効果があります。

・レーザー治療
濃くなってしまったシミにはレーザー治療が有効です。老人性色素斑に有効なのはQスイッチルビーレーザーです。1センチ四方で1万円程度かかり、パチンとゴムで弾くような痛みがあります。レーザー治療の後、1週間ほどでかさぶたが取れてます。3ヶ月ほどで、キレイな肌になります。ただ、Qスイッチルビーレーザーは肝斑には効きません。

「美白化粧品ランキング【シミにおすすめ美白化粧品を徹底比較!】」について
美白化粧品は数多く販売されていますが、シミ対策はメラニン色素の生成を抑制すること、できたメラニン色素を還元して薄くすることにあります。メラニン色素はチロシンと呼ばれるアミノ酸とチロシナーゼと呼ばれる酵素が合体して形成されます。美白化粧品に含まれる美白成分はチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニン色素の生成を抑制します。美白化粧品で人気なのはビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン、コウジ酸などです。ビタミンC誘導体とハイドロキノンはメラニン抑制とメラニン色素の還元作用があります。ハイドロキノンの美白作用は非常に強いのですが、刺激が強いので、乾燥肌や敏感肌の場合はあまりおすすめできません。低刺激のビタミンC誘導体がおすすめです。ビタミンC誘導体はニキビ跡などの炎症系色素沈着にも有効です。